×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

第二新卒者の転職

第二新卒の現状

第二,新卒,転職,社会人,リクルート,エージェント,支援,正社員,契約社員,

第二新卒とは、社会人経験1年目から3年目の人のことを言います。第二新卒は、一度は会社で働いた経験を持ち、その経験の中で、実績よりも本人に秘められたポテンシャルを期待される人のことを指します。第二新卒は、基本的なビジネスマナーが身に付いていることと、成長段階であることから吸収力があり、また、1年から3年の社会経験から会社の仕組みなどもある程度知っているということから、採用後会社に馴染み易い人材であると考えられています。つまり、第二新卒への期待は、どの企業も持っているということになるのです。

 

 

近年では、第二新卒での転職を考える人が増えていると言います。大学を卒業して会社に入社したものの、思っていた仕事内容と違っていたり、あるいは、仕事についていけなかったりと、現実を目の当たりにしたことから、転職した方がいいのではないかと考える人も多いようです。しかし、転職に対して不安が伴います。1年から3年の社会経験だけで、果たして新しい会社に雇ってもらえるだろうか。また、短い期間で辞めてしまわないだろうか。そんな考えも浮ぶでしょう。

 

一人で転職先を考えるのも良いでしょう。しかし、不安よりも期待を大きくする為にも、誰かの助けを借りるのも1つの手なのです。


第二新卒の転職ポイント

第二新卒で転職するチャンスは、今だと言います。近年においては、社会全体で、世代交代が起こっています。団塊世代の大量退職に伴って、技術者や専門職に従事した人、企業成長に貢献した人など、重要な人材が大量にいなくなってしまうことになります。そこで、それを引き継ぐ人材を確保しなければなりません。また、その人材を確保することによって、抜けた部分を別の人材で補充する必要があります。そうしなければ会社は成り立っていきません。しかし、空いてしまったポストに新しい人材を入れ、1から育てるのは大変なことです。そこで、第二新卒の転職者にスポットライトが当たったというわけです。

 

こうした背景や近年の景気回復によって、現在は、第二新卒の転職者が注目されています。しかし実際に転職しようと考える中で、闇雲に転職先を探しても、同じ事を繰り返しかねません。自分で探すにしても、サポート会社を利用するにしても、まず、どうして転職しようと考えたのかということを、自分の中でまとめておくことが重要になります。

 

また、自分に合った転職先を見つけることが、自分の将来の為になり、更には、転職するその企業の為にもなるというポイントを忘れてはいけません。

リクルートエージェントの場合

リクルートエージェントとは、転職支援を行っている会社です。第二新卒の転職にも力を入れています。リクルートエージェントでは、転職エージェントを設け、転職を希望する人と、正社員や契約社員などを雇いたいと考えている企業との橋渡しをしています。転職者側のエージェントは、希望や能力などから、その人に合った会社を導き出します。また、企業側にもエージェントがおり、求める人材を転職者側のエージェントと相談し、転職者にとっては自分の実力や能力を生かせる仕事場を、企業側にとっては求めている人材を、迅速に得ることが出来るようにする役割を担っています。

 

また、転職フェアやセミナーなども設け、自分と同じような人と出会うチャンスや情報交換の機会を設けています。

 

こうした転職支援を行っている会社の手助けを借りる場合には、登録が必要になります。その後面談によって転職する会社を決めて行きます。そして、企業側との意志が合った場合には、面接が行われます。その際には、転職支援会社の担当アドバイザーがセッティングしてくれるということです。そして、入社が決定した後も、相談に乗ったり、スキルアップの環境を整えてくれたりするということです。

こちらDODAが転職のプロ厳選の求人を大公開!


第二新卒に力を入れる転職支援会社

第二新卒に力を入れている転職支援会社は、リクルートエージェントの他にも沢山あります。いい就職ドットcomや、20worksといったサイトでも、第二新卒の転職を強くアピールしています。

 

いい就職ドットcomでは、新卒と、大学を卒業後初めて就職するという即卒と共に紹介されています。アドバイザーを設けていることや登録して支援してもらう形、セミナーや転職フェアを設けていることなどは同じです。更に、業界ごとの傾向を教えるセミナーや、転職情報収集の仕方、自己アピール方法、模擬面接など、転職活動に必要となるノウハウを教えるセミナーを設けているほか、全国展開を利用して、U・Iターン就職にも対応してくれるのが特徴です。更に、会社セミナーを開催していたり、仕事検索項目に自分のこだわる点を入力できたりと、沢山のサービスを行っています。

 

また、20worksでも、同様の手続きをとり、セミナーやノウハウを聞くことが出来る機会を設けています。20worksの特徴は、提携契約を結んでいる企業種の割合が一目で分かる様に円グラフで示されていることです。これにより、目指している転職先の職種がどの程度扱われているのかという目安になるでしょう。

その他の転職探し

転職支援会社を利用する他に、派遣会社の紹介予定派遣を利用する手もあります。紹介予定派遣では、正社員や契約社員になることを前提に仕事を始められる為、転職探しに利用する人も多いようです。実際に派遣会社では、第二新卒の転職に紹介予定派遣を勧めています。また、アデコでは、第二新卒の支援サービスとして人材紹介コースを設けており、転職支援会社のような仲介役に留まる形をとったものもあります。しかし、派遣会社では情報やサポート体制が転職支援会社より少ない為、派遣会社での第二新卒の転職に当たっては、自分での情報収集が必要になってくると言えるでしょう。

 

自分で情報を収集する際には、インターネットや参考本、求人サイトや情報誌、新聞広告を利用すると良いでしょう。しかし、そこに出ている情報は限られている為、企業のホームページを必ず見て、内容や業績などを必ず確認することをお勧めします。

 

また、一人では不安なことや転職活動のコツなどをリアルに聞きたいといったときには、新卒実況中継や第二新卒掲示板などを参照すると良いでしょう。実際に活動している人の生の声を聞くことが出来るので、参考本などだけでは分からないことも見つかるでしょう。

こちらDODAで優良企業の求人を探そう!


第二新卒者の転職エントリー